売却に必要な費用にはどんなものがありますか?

営業時間/9:00~18:00 定休日/水曜日

店舗情報

株式会社アイアール

〒300-0045

土浦市文京町4-8

コーエイビル203

029-879-5683

029-879-5684

9:00~18:00

水曜日

会社概要

売却に必要な費用にはどんなものがありますか?

不動産売却の諸費用の主なものは、以下のとおりです。

○仲介手数料

 売却を依頼した不動産会社への報酬です。
 金額は、「売買価格×3%+6万円+消費税」となります。

 400万円以下の場合は、
 売買価格が200万円以下の部分      →5%+消費税
 売買価格が200万円を超え400万円以下の部分→4%+2万円+消費税

 売買価格が400万円を超える場合     →3%+6万円+消費税

 ※2018年改正により
 400万円以下の場合に売主からの仲介手数料は、最大18万円+消費税まで可能となりました。
 ただし、事前に両者の合意が必要です。

 例)1,500万円の物件の場合:561,000円
  1,500万円×3%=45万円+6万円+消費税(10%)51,000円=561,000円 

○所有権移転費用及び抵当権抹消費用
 
 登記移転を依頼する司法書士に支払う報酬です。
 ローン残債があり、抵当権などが設定されている場合は抵当権抹消費用も必要です。
 一般的な物件では、所有権移転費用が4万円程度、抹消もあれば合計5~6万円です。

○境界設置費用及び測量費用

 敷地の境界が明確でなく、境界杭の設置が必要な場合や、土地を測量したり分筆して引き渡す場合などに、
 その作業を依頼する土地家屋調査士に支払う費用です。
 作業内容によって異なりますが10万円~30万円位かかります。
 境界が確認できる場合は必要ありません。

○建物解体費用や修繕費用

 建物を売主が解体して更地にする場合には、30坪規模の建物で約100万円位かかります。
 建物を売主側で修繕して売出す場合は、修繕費が必要となります。

○掃除・ゴミ処理・引越し費用

 引越しにおいてのゴミ処理や引越し費用です。

○印紙代(軽減措置適用)

 売買契約を結んだ場合、その契約書に貼付する収入印紙代です。
 500~1,000万円以下:5千円
 1,000~5,000万円以下:1万円の印紙が必要です。
ページの先頭へ