古いアパートを贈与すると相続対策になると言われましたが、どういうことですか?

営業時間/9:00~18:00 定休日/水曜日

店舗情報

株式会社アイアール

〒300-0045

土浦市文京町4-8

コーエイビル203

029-879-5683

029-879-5684

9:00~18:00

水曜日

会社概要

古いアパートを贈与すると相続対策になると言われましたが、どういうことですか?

古アパートの建物部分を子に贈与することで、親の相続財産を減らすことができます。

既にローンが終わっているような古アパートであれば、建物の固定資産税評価額もかなり低くなっているため、暦年課税による贈与を利用しても少ない贈与税負担で実行可能です。

先の相続時精算課税制度を使えば、借家権割合控除後の建物の評価額が2500万円までなら贈与税はかかりませんが、親の相続時にはその金額がそのまま親の財産に計算上加算されるため相続税を減額する効果はあまりありません。

アパート建物と一緒にローンまで子に引き継いでしまうと、「負担付贈与」になってしまい建物の評価は有利な固定資産税評価ではなく不利な時価評価で計算されてしまいます。
できるだけ、ローンの残っていない建物がおすすめです。

また入居者からの預り敷金がある場合、建物贈与時に敷金相当額の現金も同時に贈与しておかないと「負担付贈与」とみなされますのでご注意ください。

アパート建物が子に移ることで、そこから発生する家賃収入は子の所得となります。
これにより家賃収入による親の相続財産の増加はなくなり、また家族内での所得分散が図られるため、毎年の所得税・住民税の軽減につながります。

なお、この方法を実行する際は必ず税理士等の専門家にご相談することをおすすめします。
ページの先頭へ