土地を売却した時の税金はどうなりますか?

営業時間/9:00~18:00 定休日/水曜日

店舗情報

株式会社アイアール

〒300-0045

土浦市文京町4-8

コーエイビル203

029-879-5683

029-879-5684

9:00~18:00

水曜日

会社概要

土地を売却した時の税金はどうなりますか?

1.どんなときに課税されるか?
個人が土地を売却して利益が生じた場合には、その利益に対して所得税と住民税がかかります。この課税対象となる利益のことを、税法上『課税譲渡所得(金額)』と呼びます。
この所得については、他の所得と分離して、この所得にだけ特別の税率で課税する分離課税の方式がとられます。税金は、翌年の3月15日までに税務署に確定申告して納めます。

2.所有期間について
売却した土地に対する税金は、その所有期間によって、5年以下の『短期譲渡所得』と5年超の『長期譲渡所得』に大きく分かれます。
ここでいう所有期間とは、譲渡した年の1月1日現在における期間をいうので注意してください。

3.課税譲渡所得について
『譲渡所得金額』は、譲渡価格からその不動産の取得費および売却の際に要した譲渡費用を差し引いたものをいい、その額からさらに特別控除の適用がある場合にはその特別控除額を控除して求めたものを税額計算の基礎となる『課税譲渡所得金額』といいます。
なお、実際の取得費が不明の場合には、譲渡価格の5%を取得費とみなします。

4.税額計算について
長期・短期譲渡所得に対する税額計算はつぎの通りです。
長期譲渡所得
課税長期譲渡所得金額 × 20%(所得税15%、住民税5%)
(優良住宅地の造成等のために土地を譲渡した場合の長期譲渡所得に対しては、さらに軽減措置あり)
短期譲渡所得
課税短期譲渡所得金額 × 39%(所得税30%、住民税9%)
(ただし、国等に対する譲渡については税率を20%(所得税15%、住民税5%)に軽減)

取得費及び譲渡費用の内容等、詳細は税理士等の専門家にご確認下さい。
ページの先頭へ